英語のライティング mini講座 ⑥ 正しい年月日の英語表記とは?

英語のライティング mini講座 ⑥ 正しい年月日の英語表記とは?

こんにちは。

25年以上翻訳をやっているよっしーです。

今日の英語ライティングのmini講座は年月日の英語表記の仕方について解説したいと思います。

日本の場合は2022年12月31日の様に、年月日の表記が一定です。

(和暦もありますけどね・・)

一方、海外の場合、国、もしくはその人によって違うなど、みんなが使う統一の表記法が無いのが現実です。

アメリカ国内であっても様々な年月日の表記の仕方が存在し、どれが正解、ということはありません。

とは言え、英語での年月日の表記にいくつかのルールは存在します。

今回はこういう場合はこう書いた方が良いとされている年月日の表記について解説していきたいと思います。

こんなにある英語の年月日の表記の仕方

最初に世界で使われている年月日の表記の仕方にどんなものがあるのか見てみましょう。

2022年12月31日を英語表記にしてみます。

December 31, 2022

December 31st, 2022

31 December 2022

31st December 2022

the 31st of December 2022

何でもえーんかい??ルールなんかあるんか?

日本語では31日が12月の前に来て、2022年31日12月ってなるだけでかなりの違和感ですよね。

カンマ「,」が入ったり入らなかったり、th がついたり、しまいには of までついているのがあったり・・・

たかが年月日の表記でこれだけバラエティに富んでいることにちょっとあきれてしまいませんか?笑

どこにカンマをつけるか、そもそもカンマは必要なのか?

上の例を見ていただけると分かるように、年月日の英語表記ではカンマがついている場合とついていない場合がありますよね?

どの表記の仕方が正しいのでしょうか?

この章では年月日のカンマについて触れてみます。

① December 31st, 2022

② 31st December, 2022

③ 31 December 2022

④ 31st December 2022

上記の年月日の表記ですが、「単独で使う」場合はどれを使っても良いです。

単独で、というのはセンテンスの中ではなく、という意味です。

以下、年月日を単独使用する場合の例です。

  • 請求書の日付け
  • 日記帳の日付け
  • カレンダーの日付け
  • 履歴書に記入する日付け
  • メールを送る時の日付け

これらはすべて年月日が独立した1つの句として使われており、前後に単語が来ない場合で、書面などの日付けとして年月日を単独で表記する場合です。

年月日、単独表記のベストは?

さて、あなたは上記の①~④までの4つの2022年12月31日の表記で一番見やすいと思ったのはどの表記でしょうか?

実は「単独で使う」年月日の表記で一番好ましいとされているのは③番の31 December 2022です。

数字同士が並ばず、間に単語が挟まっていることにより一瞬で「いつ」なのか読み手に伝わりますよね。

この様に年月日の単独表記の場合、「分かりやすさ」がとても重要なポイントです。

  • 読み手が一瞬で分かる
  • 文章全体の流れに無関係
  • Simple is best

文章中の年月日の表記の仕方

さて、次に文章中に使う年月日の表記の仕方のルールについてです。

「私は2000年12月31日に生まれました」という文で英訳を考えてみましょう。

  1. I was born on December 31, 2000.
  2. I was born on 31 December 2000.
  3. I was born on the 31st of December 2000.
  4. I was born on the 31st of December, 2000.

通常はあまり深く考えず1か2のどちらかの表記で良いかと思います。

口語では My birthday is December 31 2000.で良いでしょう。

3と4の文章に「the」や「of」が使われています。

あまりなじみのある書き方ではないかもしれません。

12月の31日という日を特に強調したい文章にしたい時など、限定的に文章中に使われることがあります。

下記で少し説明をします。

序数の前にはtheをつける

英語で言う序数とは順序を表す時に使う数字で、「th」や「st」が付く数字のことです。

日本語に訳すとすると「〜番めの」という感じになりますね。

the 31st of Decemberを深堀りすると12月の31番めの日という意になるわけです。

単なる12月から「12月の」、に変化していますね。

ということで文法上、「of」も必要になってきた、と言うわけです。

序数を使用する場合、年との区切りにカンマは入れても入れなくてもOKです。

しかし、the 31st of December という様な the や of を使った年月日表記は口語やカジュアルな場面での使用が好ましい、と言われています。

✅ 年月日の英語表記において、序数の使用はフォーマルな記述や書籍での使用は避けた方が無難。

曜日を入れる場合はどう書くの?

年月日に更に曜日を足したい場合どう書くのでしょう?

曜日はどこに配置するのか、カンマはいるのか、などについてこの章ではまとめています。

基本的に曜日は先頭、カンマあり

年月日に曜日を付け加えたい場合、覚えておくルールは2つです。

  • 曜日は先頭
  • 曜日の後にカンマ

この2つを覚えておけば年月日プラス曜日の表記に迷うことはありません。

年月日、曜日の英語表記は単独表記文章中、いずれの場合にもこのルールは当てはまります

以下、その例文です。

Sunday, December 31, 2000

Sunday, 31 December, 2000

I was born on Sunday, December 31, 2000.

I was born on Sunday, 31 December 2000.

こんな感じです。

曜日ルールに例外あり

序数を使った年月日に曜日を書き加える場合、「カンマありルール」が適用外となります。

Sunday the 31st of December

I was born on Sunday the 31st of December.

この様になります。

✅ 序数を使った年月日+曜日表記の場合、曜日の後にカンマは入れません。

My Favorite Coffee【ニュー新橋コーワキング】

My Favorite Coffee【ニュー新橋コーワキング】

おつかれさまでした。

たかが年月日、曜日って思っていませんでしたか?

意外と奥が深いですよね。

さて、今日の a cup of coffee は新橋駅前にあるニュー新橋ビル3階のコーワーキングスペースで提供されているコーヒーです。

ハンドドリップで淹れてくれるのに380円とリーズナブル。

三軒茶屋珈琲 redclover」の珈琲豆だそうですよ。

コクがあっておいしいな~と思います。

ーーーーー

ご参考までにURLを載せておきますね。

ニュー新橋コーワーキング:https://www.nscow.com/

三軒茶屋珈琲 red-clover:http://sanchacoffee.com/

ーーーーー

See ya next time!



三軒茶屋珈琲 redclover